2018年7月14日

素晴らしいセミナーに参加させていただきました。

自分の夢、これを実現するためのステップを、大谷翔平選手を育てた原田メソッドの原田先生と3名の実力者が披露してくださいました。

受講者はただ聞いているだけではなく、3人ほどのメンバーで発表や意見を交わす。いかに思いをout putするか、待っていては何も始まらない、思いを自己表現しなければ、そう思わせてくれました。

以下抜粋

 

「黄理恵」

教育方針:

親の義務は中学卒業まで。それから何をしたいかは子供が決めることで、親はそれが投資対象になるか判断して投資をする。

イジメ:

娘が小学5年の時上海から帰国、早速痛烈ないじめにあった。そこで原田メソッドを実践。

原田メソッドは“out put”                                                                   

   書く “out put”  自分との対話

    イメージを具体化・可視化することで気づきが生まれる

  話す “out put”  表現+他人の意見と向き合う

    表現する。自分の声を録音してそれを聞いてみる。

田中角栄の教え:

新人候補者に「戸別訪問3万軒、辻説法5万回、それをやってから来い!」といった。

 

「佐々妙美」

人のご縁の活かし方:

セミナーでは最前列に座る

リアクション2倍

小学3年でいじめにあった:

人気者を観察した。それを真似ることでいじめから抜け出せた。

27歳OL時代、お局様との壮絶な戦いがあった

・・・それからいろいろ話をしてくれ私の応援団になってくれた。

35歳会社役員

1日15時間労働、私生活ボロボロ、部下が退職していく、そして離婚。

・・が「いつまでそんな仕事の仕方をしているんだ」と叱ってくれた。

「いつか」を「いま」に

環境を変えること。

 

「坂田公太郎」

夢を叶える5つのヒント

トップ1%セミナー講師養成講座

子供のころ両親が喧嘩ばかりしていた。

原因は自分のせいだと思った。

20歳、バイトした。

人付き合いが苦手だったから。

22歳、歌舞伎町でホスト

もとからモテル人は売れないで辞めていった。学ぶことをしなかったから。

29歳、居酒屋を開店するも失敗

メンターを作らなかったから。

31歳、不動産会社でトップ

「あなたならできる」

「これはやめる」を決める

67歳の父からの最大の教育

元公務員の父が67歳で起業した。

 

「原田隆史」

株式会社原田教育研究所 代表取締役

大谷翔平だけでなく「チアダン」も原田メソッドを使っている。

主体変容:自分を変えて周りを変える

子供のころ弱い子だった

兄は優秀だったが祖母・母はその兄と比較しなかった。

教師になった

隣のクラスとダブルで受け持った時ある生徒が自殺した。

35歳、荒れた中学に赴任した

改善するため陸上部を日本一にすると宣言した。

極意

1.心のコップを上に向ける

2.目的・目標設定

3.プラス思考(ポジティブシンキング)

4.自画自賛

5.不安を減らす

6.プラスの習慣形成

7.予測と準備

8.感情マネジメント

もっと詳しくご覧になりたい方は個別にご案内いたします。以下にご連絡ください。